しんさくのねっとかわら版

私が住んでいる東京都の話題や日本の将来について、濃い情報を発信します

【東京五輪】ボート競技会場は海の森になりそうだとメディアが報道しているが...

f:id:shinsa9:20161125083006j:plain

今朝テレビを見ていたら、ボート競技会場は海の森になりそうだと早朝のワイドショーが報じていた。

 
その理由が、
例の4者協議で小池知事は不利だから
海の森の建設を中止すると業者への違約金が100億円にのぼるらしいから
というものだった。

何か新しい情報でもあるのかと思ったら、そんな程度である。


小池知事の指示により五輪会場の調査チームが提案した案は
1)長沼ボート場案 150億円~200億円
2)海の森・恒久施設案 300億円前後 観客席など仮設
3)海の森・仮設施設案 

この3つである。
そしてまもなく4者協議でトップレベルによる協議が行われる予定となっている。


前述のワイドショーでコメンテーターが、
宮城県の人々は結局小池知事に踊らされただけ
今頃むっとしている人もいるんじゃないか
と言っていた。
いちいちコメンテーターの発言に反応するのも無駄かもしれないが、あいかわらず中身のないコメントである。

コメンテーターがテキトーなことを言うだけならいいが、そのコメントを受けて司会者が、これで小池都政に曇りが出てしまう的なことを言っていた。
これを見てその司会の坪井直樹アナにちょっとイラッとしてしまった。

イラッとしたのは坪井アナがイケメンだからだ。
いやそうではなくて、これで小池都政に曇りが出てしまいますねと言って話題をしめたからである。

ボート競技会場見直しは必要だったわけだし、その後の展開も別に小池都政の失策というわけではないだろう。
もちろん推測だが、小池知事個人としても失策だは思っていないはずである。
むしろ「海の森仮設施設案」は十分想定内だったと思われる。

netkawaraban.hatenablog.com


もし上述の坪井アナの発言が、局の方針(台本)によるものなら仕事だから仕方がないのかもしれない。
しかし司会者として自分の感性であのように言ったのならがっかりだ。

なぜ、こんなことを言うかというと、
最近少しずつではあるが、メディアが小池知事を批判し始めている印象があるからだ。
特にワイドショー的な番組に多い。
むしろバラエティー色の強いバイキングなどのほうが、まだ局の縛りが少ないのか、自由闊達な議論をしていて面白い。


別に小池知事に肩入れするつもりはない。
ただ一連の五輪会場見直しは、これまでの歪(いびつ)な東京都の意志決定システムを正すために必要なことなのである。単なる経費節減のためではない、ということをメディアはもう一度思い起こすべきである。

それを小池知事が一生懸命やっているのだから、短絡的に批判せず懐深く落ち着いて見守っていくべきである。