読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんさくのねっとかわら版

私が住んでいる東京都の話題や日本の将来について、濃い情報を発信します

【地震関連】今日は11月23日の水曜日で祝日だが南海トラフ大地震は発生するのだろうか?

f:id:shinsa9:20161123060353j:plain

午前3時に目が覚めた。
夢を見ていた。
高校時代の友人男女数人と飲みに出かける夢である。
いつか見た映画トータル・リコール(2012年版)に出てくるアジア系貧民街のようでもあり、慣れ親しんだ飲み屋街のようでもある。
居酒屋に飲みに行くため歩いていて、すぐにはぐれてしまう、そういう夢だった。

 
いつもは、はぐれた友人たちを探し回る途中で目が覚めてしまったりするのだが、今回は居酒屋で待機している友人たちを発見するという展開だった。
友人のひとりが店員を呼び止めてクレームをつけている。
予約したのに席が用意されていない、といった内容のクレームだ。

ここで目が覚めた。
最近こういう変な夢を続けて見ることが多い。


ところで、
今日はこのまま起きてブログを書くことにした。
昨日地震に関する記事を投稿したら、PV数がいつもの数十倍もあった。

なぜ昨日に限ってこんなにアクセスがあったのか。

調べてみると、ネット上で
11月23日に南海トラフ地震が発生する
というウワサが拡散していたからだということがわかった。


どうやら東日本大震災を予言したと言われている松原照子という人が、数年前に
「魔の水曜日に何かが起きる」
「カレンダーが赤くなっている」
「大地震の予兆は伊豆半島が紅葉しないこと。」
と語っていたらしい。
カレンダーが赤くなっている、というのは祝日を指す、とされ
伊豆半島の紅葉に言及していることから、
今年の11月23日水曜日のことではないか?
という説になったようである。「日本が分断される」という衝撃的な言葉とともに取り上げられた。

そんな中、南海トラフ地震の前兆とされるいくつかの出来事があったので、にわかに話題になったらしい。

調べてみると前兆とされる現象はたくさんあった。
例を上げると
ニュージーランドの法則
スーパームーン
といったものがあった。

ニュージーランドで大きい地震が発生すると、日本でも数日〜1ヶ月以内に規模の大きな地震が発生する、ということが続いているため「ニュージーランドの法則」というのが実際に存在するという説。
直近で言うと11月13日にニュージーランド南島付近を震源とする地震が発生している。


月が地球に最接近することで通常よりも大きく見える現象、これをスーパームーンというが、このスーパームーンの時期に大きな地震が起こることから、この時期の月の引力が大地震を引き起こすという説。
11月14日に観測されたスーパームーンは、68年ぶりの大接近で「エクストリームスーパームーン」というそうだ。
そのため近いうちにものすごく巨大な地震が発生するのではないかということらしい。

ただ、いずれの「前兆」も謎解きが好きな人が中心となって拡散された情報なので、大方デマだろうと思っていたら、昨日震度5弱の福島沖地震が発生した。

みんな驚いてネット検索した。

こういう流れらしい。

多くのブログで取り上げているのでググればすぐ見つかる。大抵は
科学的根拠が薄いので問題ありません
大丈夫です
でも注意だけはしようねという結びになっている。

ただ、この科学的根拠が薄いという言い方にはひとことクギを刺しておきたい。
そもそも科学的根拠というものは、批判的な目を持って情報に接するべき、という心構えに使われる言葉にすぎない。
我々人間にとって、科学ほど流動的で不確かなものはないのである。


もともと南海トラフ地震発生の切迫性については、気象庁も警告している。
昨日の地震南海トラフ地震との関連性について調べたくなるのも当然といえば当然である。

多くのブログがこぞってこの話題を取り上げるのもあたりまえの現象だろう。

昨日の地震がいやな揺れ方だったので、しんさくも不安になった。
南海トラフ地震のことを連想した。

netkawaraban.hatenablog.com
最近変な夢を続けて見る。
まさかとは思うが、地震予知とかだったりするのだろうか。

動物は地震予知するという。
しんさくは動物に近い(獣頭人身の獣人)なので、そういうスキルがあってもおかしくない。

今朝見たトータル・リコールに出てくるアジア系貧民街をさまよう夢が現実にならないことを願いたい。
夢判断によると、必ずしも一定の回答ではないのだが、中にはトラブルを意味する、という内容のものもあった。

まさかとは思うが。