読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんさくのねっとかわら版

私が住んでいる東京都の話題や日本の将来について、濃い情報を発信します

東京五輪ボート会場の韓国開催案にびっくり仰天!あのW杯日韓共催のことを思い出してしまった

f:id:shinsa9:20161019090744j:plain

今話題になっている2020年東京五輪のボート・カヌー会場をめぐり、IOCが韓国開催を検討している、との報道があったのでびっくりした。
なぜ今頃韓国なのだろう。

 
有力な候補地である長沼ボート場が、選手村から遠いということが課題となっている今、韓国開催などありえないと思ったからである。

あるコメンテーターがテレビの番組で、小池知事への(海の森水上競技場の見直しを思いとどまらせるための)恫喝ではないか、と推測を言っていたが、さすがにそれはないだろうと思った。

すると、この話はIOCが2年前から選択肢の一つとして言っていた話であって、恫喝でも何でもないことがわかってきた。
つまり、もしコスト削減がうまくいかないときは、韓国での開催も検討していいんだよ、という程度の話だったのである。

オリンピックの一部の競技を他国で開催するということは一見奇異に感じられるが、実は過去にそういう検討も実際にあったらしい。

だから、別に奇異な話でもないのである。

もともと競技会場の選定の手順は、開催都市(つまり東京都)がまず選定し、国際競技団体とIOCの承認を得る流れだ。
東京都が韓国の会場を選ぶ可能性はまず無い。
この話は韓国のオリンピック委員会ですら聞いていないそうである。

それをあたかも大事件のようにマスコミが報道し、一部のコメンテーターが全国ネットのテレビ番組で、したり顔できっと恫喝だろうなどと発言するものだから、ついしんさくも驚いて気色ばってしまった。

そしてあの2002年のFIFAワールドカップ日韓共催のことを思い出してしまったのだ。
もともと日本で開催するはずだったワールドカップが、何やらトントン拍子に日韓共催になってしまい、挙句の果てに韓国の誤審疑惑をはじめとするさまざまな醜聞に大迷惑を被ってしまったのである。

ご存じない方は、W杯 日韓共催 評判といったキーワードでググってみてほしい。 

あれが日本単独の開催であったなら、世界中のサッカー選手から「日本は完璧なホストだった」と賞賛されていたのである。
それを台無しにされ、結果として2002年のワールドカップは史上最悪だったといまだに語り継がれている。

冗談ではないのである!

つい興奮してしまったが、ともあれ東京都が韓国の会場を選ぶ可能性は無いのだから、これ以上気にすることもないだろう。

ちなみに小池知事は昨日(10月18日)IOCのバッハ会長と会談した。昨日の段階では具体的な議論はなかったようだ。
今後東京都、組織委員会、日本政府、IOCの4者による協議の場を設ける方向になったらしい。
小池知事は、情報公開を徹底した形でやっていければ...と伝えるのを忘れていなかった。

さすがである。

はたしてどんな会話が飛び出すのか。
楽しみだ。