読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんさくのねっとかわら版

私が住んでいる東京都の話題や日本の将来について、濃い情報を発信します

サッカー日本代表のオーストラリア戦を振り返る

f:id:shinsa9:20161011213537j:plain

ワールドカップアジア最終予選の第4節、オーストラリア戦は1対1のドロー。アウェイで難敵を相手にして勝ち点1を奪ったのだからよかったはずなのに...

 
ネットの速報にアップされたコメントを見ると、批判的なものが多かった。
試合内容に満足していない人が多い印象だ。

中には試合よりハト(実際はハトじゃない)の方が面白かった、と皮肉る人もいた。

批判的なコメントの多くは、
勝てる試合だったのに...
という内容のものが多かった。

それと選手交替が遅い、という指摘が多かった。
もうひとつ、後半原口が与えたPKは軽率だったという意見。

香川より最初から清武を出すべき、というのも多かった。


まとめると、先制したし勝てる試合だった。
ところが好調な清武を出さず香川を先発させ、原口がいらないPKを与え、選手交替が遅かったのでひどい試合だった、ということになる。

しかし、しんさくはそんなに悪い内容ではなかったと思った。

本田は1トップで機能していたと思うし、小林悠は終盤へとへとになるまで献身的に走り回った。長谷部もときおりうまくダッシュして、起点になったり最後まで気を抜かず奮闘していた。

勝てなかったのは、やはりPKを与えた原口のファウルなのは間違いない。
チーム全体としての戦略はむしろ当たっていたと言っていい。

オーストラリアは、なかなか効果的な攻めの形をつくれていなかった。
実際、日本にとっては危ない場面はほとんどなかったのである。
怖かったのはセットプレーだけだった。

ところが後半立ち上がりの6分に、左サイドをオーバーラップしたDFブラッド・スミスのクロスをユーリッチがキープしようとしたところ、後方から走ってきた原口に押された。ユーリッチはうまく倒れ込んでPKを獲得。このPKをジェディナクが落ち着いてゴールほぼ中央右よりに決めた。

日本は終盤右足を痛めた小林悠に代えて清武弘嗣を、そして本田に代えて浅野拓磨を投入した。
後半アディショナルタイムには原口を下げ、DF丸山祐市を投入した。
試合はそのまま1-1の引き分けで終了した。